2月
20
2011

家での作業を集中して行うためにする5つのこと

自分は週末に家で作業やブログ書くのですが
みなさんの中にも同じ経験をしてる人は多いのではないでしょうか?

家での作業はいろいろと誘惑が多く集中力が持続しない。

誰しも経験のあることだと思います。
ホームページを作る人のネタ帳さん集中力が切れた時に集中モードを復活させる行動7つ
という記事を書いており自分も書いてみようと思いました。
ネタ帳さんの記事で紹介されている、iPhoneのタイマー40分セットオススメです。

というわけで集中力が切れた時に行ってる、簡単にできる集中力復活方法。

1、着替える。

自宅での作業なので当たり前のように部屋着で行いがちです。
最初はそれでもいいのですが、集中力が切れたタイミングなどで着替えるのです。
部屋着はジャージやスウェットが主で着ているとどうしても楽モードに入りがちで
これをジーパンなどに履き替えると自然と楽モードから抜けられます。

2、作業用BGMを変える

作業が乗っている時、この状態のときはテンションのあげるBGMでもよいのですが
集中力が切れた時は逆効果でいっきに抜けちゃいます。
そんな時は自分が落ち着くBGMを選んでください。自分はジャズにすることが多いです。
あと、BGMにこだわるのではなく無音にするのもオススメです。
大事なのは集中力をニュートラルに戻すことです。

3、作業場所を変える

デスクトップでしか作業ができない方には申し訳ないのですが、
ノートPCでも作業ができるのなら集中力が切れたら、場所を変えることが有効です。
机、ソファ、キッチンチェア、ベランダ
ベランダはやりすぎかも知れないですが場所が変わると姿勢が変わるので新たに集中できます。

4、指回しをする

何それ?と思う人もいるかもしれないので一応動画もw

親指から小指にかけて前回し・後ろ回しそれぞれ10回行います。
これだけで集中力が復活します。
試してもらえばわかるんですが、指回しの最中に意識がハッキリする瞬間があります。

5、他の人と話す

いったん作業をやめて、おしゃべりをしにいきます。
家に誰かいればその人と、いないのならSkypeなどで。
ここで大事なのは誰かとしゃべるということ。
どんな内容の無い会話でも誰かと話していると頭が起きてきます。

 
自分がやっていることはこんな感じです。
ITでのテクニックが最後のSkype以外いっさい感じれませんがたまには。

集中力が切れた時はあえて、またやる気を起こすのではなくニュートラルに戻すことが大事です。
やる気も作業も最初から高いわけでなく、だんだん乗ってくるものです。
まずはニュートラルに。

Trackback URL


Leave a comment

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

UA-19837173-1