3月
13
2011

SNSのあたたかさ。

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。
都内でも大きな揺れが起こり電車も止まり、帰宅できない人が町にあふれるほどでした。

実際、地震が発生し大きな災害と判明して
都内で仕事をしていましたが、その現場も急遽終了で帰宅する様にと放り出される状況。
この後どうしよう?
いろいろ思う事はありましたが、不安や心細さ解消してくれたのがtwitter、Facebook、mixi等のSNSです。
多くの方が体験している通り地震発生後、携帯からの電話・メールの利用が困難になりました。
そんな中、普段通り使用できたのがtwitterでした。
TL上では「地震だー」、「こわいー」その瞬間の感想のツイートで溢れてましたが
落ち着いてくるとフォロワー同士が無事を確認しあい、状況確認や今後の待ち合わせ場所
を決めたりとみんな逞しかったですw
twitter眺めて自分でもツイートしてるうちに大丈夫だ、心細くないって思いました。

地震発生からの大変な中で僕自身がすごいなと思った事をまとめたいと思います。

1、安否確認

フォロワー同士が無事を確認しあう。
これはリアルで付き合いのある人だけでなく、twitter上でしか付き合いのない人とも
お互いの無事を確認して”よかった”と安心する。
これだけの事ですが、とても落ち着きました。

2、情報の共有

震源地は宮城で震度7の大きな地震という情報も伝わったあの頃
その頃からTL上に災害時の対応のツイートがRTされるようになりました。
・災害時の伝言ダイヤルの使い方
・避難する際に持ち出すべきもの
・公共の避難場所、無料開放されている場所
などなど
多くのブロガーさんがそういった情報をまとめてくださり流してくれました。

ブロガーのみなさんさすがです。

そして夜が明けてから
twitter上で#prayforjapanというタグを見かける様になりました。

pray for japan

#prayforjapan”日本のために祈ります”そんなタグでtwitter上に
世界中の人からの日本への励ましのメッセージが溢れていました。
Instagramでも#prayforjapanのタグで多くの写真が投稿されていて
どの写真も日本を励ましてくれているもので
本当に感動しました。

世界中の方が日本へ向けて“心配だよ””頑張って”と声をかけてくれていたんです。
朝から普通に泣いちゃいました。
すごいなSNSって。

 

ここには書いていませんが、
心ないデマ・誹謗中傷もあったのも事実です。
そういう部分は確かに悲しいなと思います。
それでも今も続いてる、みんなができる事を模索して繋げていって
この災害をみんなで乗り切ろう
という空気はホントにあたたかいなと思います。

あなたのつぶやきが誰かの元気になる事だってあるんです。
この辛い状況をみんなのぬくもりであたたまりながら乗り切りましょう。

Trackback URL


Leave a comment

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

UA-19837173-1