4月
25
2011

EBCDICのコード変換に困ったんです。


先日、仕事でEBCDICの変換に四苦八苦して色々調べたので
ついでにまとめて記事にしちゃえとそういうことです。

今回の記事は、windows環境でSJISデータ(ASCIIコードかな)をEBCDICデータにコード変換。
突き詰めて言えばwindowsで簡単にEBICDICデータを作成が目的の人にしか役立ちませんw
EBCDICなんて汎用系の基幹システムで出てきたり出てこなかったりのコード、ホント一部の人のお役立ちいただけたらうれしいですね。

1、エディタによる変換

Textplorer
テキストエディタ。テキスト形式での編集が可能。
Charset>Convert でEBCDICのConversionファイルを選択するだけで変換でき、そのまま保存すればEBICDICのデータができます。
テキスト形式で編集できるというのがポイントで、
コピペができるってことです。自分がよくやるExcelでテストデータを作ってそれをコピーし貼り付けができる。

Stirling
最強を目指して作られた高機能バイナリエディタ。直接編集が可能。
設定>キャラクタ-セット>EBCDIC と設定をしデコードスペースに入力し保存すればEBICDICのデータができます。
バイナリエディタなだけ合って、バイナリ編集・確認がメインです。これでテストデータを1から作るのはいかがなものか。。。

2、コード変換ツールによる変換

wdconv
VBScriptで作られた変換ツール。コマンドラインでの自動変換が可能。
コマンドプロンプトでファイル指定をし文字コードを指定し起動するのみ。
大量のテストファイルなどを一括で変換したい場合などに、バッチなどに組み込められるので便利かも。

3、ホスト上で変換

・ddコマンド
UNIXコマンドでの変換。

dd if=”入力ファイル” of=”出力ファイル” conv=ebcdic

入力のデータファイルを元に、EBCDICに変換されたデータが出力ファイルに保存されます。
シェルに組み込むことで、文字コードを意識しなくてよくなるかも。

 
 

と、今回調べた中で簡単に行えそうなのはこんなところです。
突き詰めれば応用で他のことも可能ですが、今回はEBCDICのコード変換にしぼってます。
他にもこんな方法があるとか、これが使えるとか教えて頂けるとうれしいです。

Trackback URL


Leave a comment

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

UA-19837173-1