6月
25
2011

[IPA試験対策]ステガノグラフィってなに?


問 ステガノグラフィを説明したものはどれか。

ア データの複写を不可能にする(コピーできないようにする)技術のことをいう。
イ データを第三者に盗み見られても解読できないようにするため,決まった規則に従ってデータを変換することをいう。
ウ 文書の正当性を保証するために付けられる暗号化された署名情報のことをいう。
エ メッセージを画像データや音声データなどに埋め込み,その存在を隠す技術のことをいう。

“平成22年度春季情報セキュリティスペシャリスト試験午前2 問10の設問”
 
ステガノグラフィとはデータ隠匿技術の一種で、音声や画像などのデータに秘密のメッセージを埋め込む技術。よく聞くのが、『紙に火にかざすと文字が浮かび上がる「あぶり出し」のデジタル版』
というわけで、解答は『』です。

他の選択肢についてですが
アの”データの複写を不可能にする(コピーできないようにする)技術”は、コピーガードですね。
イは、まるまる暗号化の説明です。
ウは、デジタル署名の説明です。

Trackback URL


Leave a comment

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

UA-19837173-1